2013年01月21日

宮沢りえ 神様のボート 宮沢りえが連続ドラマ「神様のボート」で主演 藤木直人とW不倫

宮沢りえ 14年ぶり連ドラ主演…藤木直人とW不倫

宮沢りえ(39)が14年ぶりに連続ドラマで主演する。3月放送のNHK―BSプレミアムドラマ「神様のボート」(3週連続、日時未定)で、ダブル不倫の末に娘を産み、逃避行を続ける物語。私生活では3歳の女児の母で、09年に結婚した実業家と離婚協議中。「心に静かなマグマを持って挑みたい」と意気込んでいる。




 99年の日本テレビ系「ロマンス」以来、14年ぶりの連続ドラマ主演。宮沢は、楽器店の店主役の藤木直人(40)と恋に落ちる。ともに結婚しておりダブル不倫。藤木がある事件でばく大な借金を背負って姿を消した後で、妊娠が発覚する設定。「必ず見つけ出す」という藤木の約束を信じ、宮沢は10年以上も各地を転々として、娘と一緒に待ち続ける。

 梶原祐司プロデューサーは「携帯電話で簡単に連絡できる現代では“大人の寓話(ぐうわ)”のような物語。ミステリアスで、俗世から離れたような宮沢さんしか演じられない」と起用理由を説明する。




 原作は直木賞作家・江國香織氏(48)が「最も危険な小説」と自任する同名小説。身を焦がすような激しい男女の愛と、待ち続ける女の狂気が描かれる。(スポニチアネックス)

宮沢りえさん、久しぶりですね^^



posted by おもしろ最新ニュースあれこれ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろ最新ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。